ムカデによる被害

ムカデによる被害 ムカデによる被害 ムカデによる被害

咬まれる!!

ムカデは餌となるゴキブリや蜘蛛などを捕食するために家屋に浸入し、靴や寝具の中、家具と壁の隙間等に潜むことが多くあり非常に危険です。咬まれると激痛を伴い、ひどく腫れるので、すぐに病院に行くようにしてください。

精神的被害(ムカデノイローゼ)

ムカデは基本的に夜行性のため、夜間活発に活動します。室内に侵入したムカデに就寝中やリビングでくつろいでいる時に咬まれる例もあり、常に恐怖感に悩まされます。そのため、ひどい場合睡眠不足でノイローゼになる方もいるほどです。

ショック症状

ムカデに咬まれた際、毒の成分により、ショック症状がまれに起きる可能性があります。特に2回以上咬まれた人は、最初咬まれた時に出来た抗体に毒素が反応し、ショック症状が起きやすくなるため、十分注意が必要です。症状はハチのアナフィラキシーショックと同様、めまいや呼吸困難、血圧の低下などです。アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

▲ページトップ